クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
ソーセージを


ほぐすような動きを繰り返していたので、私の人差し指は意外にあっさりと彼女のアナルに吸い込まれた。

『うっ! ンくぅ……』

彼女は、驚いた感じだったが、痛がる気配はなかった。

「なんだ、すでに自分で試したことあるんだなw」

私が、自信たっぷりにそう言うと、

『わかるんですか?』と、怯えたような声で言う芽依。

私は、本当はわかるはずもないのに、

「よくわかるよ。指よりも太いモノ入れたことあるみたいだな」と、カマをかける。

『……ソーセージを……』

芽依ちゃんは、まんまとハマって告白した。

私は、やっぱり真面目な少女ほど、性的な探究心が強いんだなと妙に納得した。

「てことは、その前から色々と入れたりしてたの?」

私は、笑いながらそう聞いた。

『ボールペンとか……。指とかです……』

もう、なにを聞いても素直に答える芽依。

私は、心の底からゾクゾクしていた。




『気持ちいいと思えるようになった?』

私は、彼女のアナルに指を差し込んだまま聞く。

『あんまり……気持ち良くないです』

「そうだろうなw 女の子には前立腺がないから、アナルで感じるには結構頑張らないといけないよ。感じるようになりたい?」

『そうなんですね……。感じるように、なりたいです……』

芽依は、口ごもりながらも、結局そう言った。

性的好奇心がとても強いのだと思う。

私は、彼女の中に差し込んだ指を動かしながら、

「芽依をケツでイケるケツ穴奴隷にしてやるよw」と、耳元でささやくと、

[*前へ][次へ#]
[戻る]