クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
四つん這いで拘束


言いづらそうに小さな声で言う芽依。

耳まで真っ赤になっている。

ここで私は、彼女の黒縁眼鏡を外した。

漫画のように、眼鏡を外すと美少女になった彼女。

でも、眼鏡を外されて、戸惑うように声を出す。

『あっ……』

「外すと、全然見えなくなるの?」

『大丈夫です……。0.6位はあるので……』

「だったら、しない方が良いと思うよ。せっかくの美少女が、もったいないよ」

私は、サディスティックな態度を忘れ、そんな事を言う。

『び、美少女なんかじゃないです!』

恥ずかしそうに否定する彼女。

でも、私の目には、彼女はかなりの美少女に見える。

「彼氏も、その方が喜ぶと思うよ」

私が続けて言うと、『本当ですか?』と、可愛らしく照れた様子で言う。

四つん這いで拘束されているとは思えない口調だ。

「もっと自信持てば良いよ。芽依はAKBなんかよりもずっと美少女なんだから」

私は、本心でそう言った。

『は、はい……。嬉しいです!』

こんな状況なのに、無邪気に明るく言われると、さすがに胸が痛む。

話を戻すように、
「あのサイトみたいに、お尻拡張されたいの?」と、芽依に聞く。

『……興味は……少しあります……』

恥ずかしそうに言う彼女。

「少しなの? ウソでしょw」私がそんな風に言うと、

『……はい……。凄く興味あります……』と、消えてしまいそうな声で言う芽依。

私は、彼女が言い終わったタイミングで、人差し指を彼女のアナルに押し込んだ。

[*前へ][次へ#]
[戻る]