クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
蜜でグチョグチョ


『……はい……。縛られて……。ドキドキしてます……』と、素直に認める芽依。

すでに、一番恥ずかしい姿を何度もさらしたことで、今さら取り繕っても仕方ないと観念したのかもしれない。

私は、彼女の蜜でグチョグチョになった指を、彼女のアナルに擦り付けた。

彼女の菊門は、当然のことながら固く閉じられていて、指1本も入りそうにない感じだ。

『イヤっ! そ、そんな所、ダメです……汚いもん! ダメ、触っちゃダメだよぉっ!』

必死で止めてくれと言う彼女。

でも、拘束されていて、身をよじることすら出来ないようだ。

私は、かまわずに彼女のアナルを触り続ける。

念入りに腸内を綺麗にして、アナルもボディソープで洗っているので、汚いという事は無いのだが、ウブな少女にとって、肛門を触られるなんていうことは耐えがたいことなのだと思う。

「処女を失いたくないんだろ? 俺はどちらでもかまわないけど、処女を失ったら、貴弘君は悲しむんじゃないのか?」と、彼氏の名前を出しながら言ってみた。

『そ、それは……。ゴメンなさい……。続けて下さい……』

芽依は、観念したように言う。

私は、彼氏のために……処女を守るために、アナルを触られる覚悟を決めた芽依を、健気だなと思った。

でも、それによって余計に興奮する私がいた。

彼女の固いつぼみのようなアナルに指を這わせ、ほぐすように触り続ける。

『…クフゥ…ンンッ……』

微妙に声を漏らす芽依。

でも、気持ちいいとか、そんな感じではない。

羞恥心の方が上回ってしまっているだけだと思うが、それだからこそ、育てがいがあると感じた。

「あのサイトにも、アナル調教のヤツ多かったと思うけど、自分がされるの想像したりした?」

彼女のアナルを指で触りながら、そんな質問を投げかける。

『そ、それは……。しました……。お尻を……拡張されることとか……想像しました』

[*前へ][次へ#]
[戻る]