クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
力なく悲鳴を上げる


今時珍しいほど真っ黒な髪に、真面目そうな黒縁眼鏡をかけた美少女。

雨の日に、自転車で私の車に突っ込んできた彼女は、まだJK2年だった。

実際真面目で、私の言いなりにする事が出来たが・・・。

ただ一点、付き合い始めたばかりの彼のために、処女だけは奪わないで欲しいと懇願してきたので、私は彼女をケツ穴奴隷にすることにした。

繰り返し浣腸をされて、腸内のモノをすべて出し切った芽依。

排泄する度に、涙で顔をグチャグチャにしながら絶叫していた芽依……。

『も、もう許して下さい……。見ないで……うぅ……』

若い女の子にとって、繰り返し繰り返し排泄姿を他人に見られてしまうのは、耐えがたいほどの恥ずかしさがあったと思う。

彼女は、湯船の縁に身体をもたれかからせるようにして四つん這いになっている。

色気のない黒縁眼鏡と、今時ではない真っ黒で地味な髪型の彼女。

その裸体は、少女と成熟した大人との中間にあるようで、くびれは少なく子供っぽいのに、胸はDカップ以上はありそうな感じだ。

私は、この何色にも染まっていない少女を、メチャメチャにして私色に染めたいと思っていた。

「彼にも見せたことない姿を、こんなおっさんに見られて、どんな気分?」

私は、わざとからかうような口調で言う。

『うぅ……。ゴメンなさい……。見られちゃったよぉ……』

私に対してではなく、彼氏に対して謝り始める彼女。涙や鼻水で顔はグチャグチャになっている。

浴室内は、彼女が排泄するそばから流しているので、とくに酷い状況ではない。

臭いも、換気扇が優秀なのか、ほぼ気にならない。

私はSではあるが、スカ属性はないので、実は浣腸プレイは苦手中の苦手だ。

それでも、彼女を育てるためには必要だと思って頑張ってみた。

そして、それは結果的に彼女の素質を開花させるきっかけになったと思う。

「芽依は可愛い顔してるのに、沢山出すんだな」

私は、口調を優しいおじさんから、冷たいサディストに変えた。

『イヤァァ……』

力なく悲鳴を上げる芽依。

[*前へ][次へ#]
[戻る]