クリ責めアナル調教(エロ小説/官能小説)
それだけは…うぅ


「オナニーの時は、彼のことは想像しないの?」

私は、あえて彼氏のことを言ってみた。

『そ、それは……少しだけ……』

「今は? 彼のこと想像しながらイッたの?」

「し、してないです……か、彼のことは、言わないで下さい……お願いします……」

芽依は、彼に対して罪悪感を感じている様子だ。

「そうだよね。彼以外の男に舐められてイクなんて、最低だもんね」

私は、煽るように言う。

「イヤァ……言わないで……お願いします……ゴメンなさい……」

泣きそうな声で言う芽依。

最後のゴメンなさいは、彼氏に向けて言った言葉だと思う。

「彼の名前は?」

私は無視をして、さらに話を続ける。

「い、言えないです……」

「じゃあ、止めようか? 警察に電話するよ」

電話など、この状況に至っては出来るはずもないのだが、私は強気でそう言った。

「それだけは……うぅ……。貴弘さんです……」

「じゃあ、次イク時は、貴弘さんゴメンなさい、他の人でイキますって言いなさい」 と、冷たく命令した。

「……わかりました……」

観念したように、小さな声で言う芽依だった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]