変態教師(エロ小説/官能小説)
ペニスが出入りする


まくれ上がった可愛らしいTシャツ……

そこからのぞく色気もなにもないブラ、そしてズレたブラからのぞく美しい胸と乳首。

ミニスカートはなにも役目を果たしていない状態で、結合部が丸見えだ。

小さなアソコから、私のペニスが出入りする。

もう、すべてが信じられないくらいに背徳的で淫靡だった。

私は、泣きながら私を見つめる優香にキスをした。

まったく無抵抗に私に口の中まで犯され、泣き続ける優香。

私は、そのまま何も言わずに優香の中に射精した。

信じられないくらいの快感が、私の脳髄まで貫いていく感じだった。

そして、イったことにより、やっと我に返った私は、ペニスを引き抜いた。




泣き続ける優香のオマンコから、血と一緒に流れ出る真っ白な精液。

私は、終わったと思った。

職を失うどころか、警察のご厄介になるのを覚悟した。

優香は、何も言わずに私を見つめる。

さっきまでは、しゃくり上げるほど泣いていたのに、驚くほどの無表情で私を見る優香。

私は、その表情に突き動かされるように、優香の血や体液で汚れたペニスを、優香の口元に持っていった。

「ほら、綺麗にしなさい」

私は、もう開き直ってそう言った。

すると、優香は、

『は、はい……先生……』 と言って、大きく口を開けてペニスをくわえ始めた。

怖々と、ゆっくりペニスを口に入れていく優香。

上目づかいに、私を見つめたままだ。

[*前へ][次へ#]
[戻る]