変態教師(エロ小説/官能小説)
カチカチになったペニス


優香は、本当に怖くて仕方ないのか、声も小さくなってきた。

そして、涙目ではなく、ガチ泣きになり、ポロポロ涙をこぼし続ける。

私は、その涙でより興奮が増し、抵抗が弱くなったことも相まって、一気にショーツを引き下ろした。

そして、かすかに生えたへアが見えて、私の興奮と加虐心はMAXになった。

優香を強引に床に押さえつけながら、片手でズボンのファスナーを降ろし、無理無理ペニスを取り出した。

私の、大きさも太さも長さも、極々標準のペニスは、今までの人生で一番と言っていいくらいの固さになっていた。

私は、そのカチカチになったペニスを優香のオマンコに押しつける。

『やめて……先生、やめて下さい……許してぇ……』

泣きながら優香が許しを請う。

でも、私は無理矢理ペニスをオマンコに押し込んでいった。

優香は、もうほとんど抵抗をしなかった。

あきらめたのか、ただ泣きながら私を見つめていた。

その姿を見て、普通の男は気がそがれてやめるのかもしれないが、私には逆効果だった。

ペニスの先が、軟らかい肉に当たったと思うと、そのまま亀頭まで熱い肉に包まれた。

『ヒィッあっ! 痛いぃっ! 先生、痛いよぉ……やめてぇ……やめて……』

最近では、心が通い合っていると思っていた優香……

毎週のように昼食を作りに来てくれる優香……

私は、確実に優香に恋心を持っていた。

それなのに、こんな形で思いを遂げようとしている私。

一瞬、思いとどまりそうになったが、優香の涙を見て、私はそのままペニスを押し込んだ。

熱くてキツキツの肉をかき分け、私のペニスが突き進んでいく。

『ヤァ……痛い……痛いよぉ……抜いて、抜いて下さいっ! あぁ、先生……ひどいよぉ……』

泣きながら言い続ける優香。私のペニスは、すでに全部入ってしまっていた。

私は、高ぶりすぎてもうイキそうだった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]