変態教師(エロ小説/官能小説)
先生、ダメだって!


私は性欲に支配されて、無言のまま優香の胸を揉み始めた。

それは、想像していたよりもふくよかで、柔らかかった。

『ダ、ダメです! 先生、ダメだって! もう! セクハラですよぉ!』

優香は、そんな風に冗談めかして言うが、声が震えていた。

恐怖から? でも、もう後戻り出来ない。

私は優香の胸を揉みながら、キスしようと顔を近づける。

優香は、私から顔を背けて逃げようとする。

私は、強引に手で顔をこちらに向けさせて唇を奪った。

『んンーっ! ダ、ダメッ! 先生! 怖いよぉっ! ダメぇ……』

必死で私のキスから逃れようとする優香。

この時私は初めて、自分の性癖に気がついた。

人畜無害で弱気な性格。

そう思っていた私に、こんな加虐的な気持ちがあるのに、私自身が戸惑っていた。

そして、私はキツく口を閉じてガードする優香の、その唇を指で強引にこじ開けて舌を突っ込んだ。

一瞬、舌を噛まれるかな? と思ったが、優香は震えるだけだった。

私は、たっぷりと優香の口の中と可愛らしい小さな舌の感触を堪能した。

職を失う……そんな危機感を持ちながらも、もう自分を止めることは出来なかった。

私は、強引に優香のTシャツをまくり上げ、可愛らしい少女っぽいブラを上にズラしあげた。

真っ白な乳房に、ピンク色の小さな乳首。それが丸見えになった。

もう私は、優香とセックスすることしか考えられなくなっていた。

慌てて胸を隠そうとする優香。

その顔は完全に真顔になっていて、少し涙目みたいな感じだ。

でも、その表情や涙が私をさらに突き動かしていった。

その極端に短いスカートの中に手を突っ込み、いきなりショーツを引き下ろした。

必死で抵抗する優香。

『ダメっ! 止めて下さい! 先生、怖い、怖いよぉ……やめてぇ……ダメ……』

[*前へ][次へ#]
[戻る]