変態教師(エロ小説/官能小説)
透明の蜜があふれ


淡いへアも美しい、優香の下腹部が丸見えになる。

この時間に、この準備室が使われないことはリサーチ済みだが、それでもやはりドキドキする。

優香はショーツも脱ぎ去ると、ゆっくりと足を広げた。

広げると同時に、おまんこから一筋、二筋と透明の蜜があふれ出して床に垂れて汚す。

「酷い状態だね。何回イッた?」 私が冷たく聞くと、

『ご、五回です……ゴメンなさい……』 と、消えそうな声で答える。

私は、教材などを入れているボックスの中から、巾着に入ったディルドを取り出す。

そして中身を取り出し、優香に手渡す。

「自分でしなさい」

私の命令に、

『い、入れて頂けないんですか?』 と、泣きそうな顔で聞いてきた。

私は、黙って優香の頬をビンタした。

『ヒィっ……ゴメンなさい……』

小さく悲鳴を上げる優香。

私は、女性を叩くなんて許されないと思っている。

でも、優香は叩かれることで快感を感じるし、私も怯えた顔になる優香を見て、言いようがないほどの興奮を覚える。

頬を赤くした優香は、黙ってディルドを手に取ると、それを口に運んだ。

ディルドを疑似フェラする優香。

時折身体がビクッとする。

この状況に、興奮している優香。

私も興奮が高まる。

一生懸命に疑似フェラを続ける優香。

制服姿で、下半身だけ裸の優香。

靴下も上履きも、履いたままだ。

私のモノよりも太いディルドを、一生懸命に口で奉仕をする優香は、我慢しきれなくなったのか、こっそりとブラウスの上から乳首を触り始めた。

大人のおもちゃをフェラしながら、乳首をいじり、オナニーをする優香。

私の目を見ながら、口からはヨダレが垂れていた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]