変態教師(エロ小説/官能小説)
トロンとした目のまま


でも、すぐにブルッと体を震わせたのがわかる。

優香は、確かに今イッた。

私だけがそれに気がついている。




さすがに、注目を浴びている状況がマズいので、リモコンローターのスイッチを切った。

ホッとしたのか、優香は周りの生徒と談笑を始めた。

でも、イッた直後特有の、トロンとした目のままだ。

そして、また静寂が戻ると、私はポケットの中でスイッチを入れた。

またうつむいて、顔を赤くする優香。

今度は優香がイキそうになると、スイッチを切るを繰り返した。

焦らされて、優香は発情しきったような、その年頃の女の子がしてはダメな顔になっている。

そして授業が終わると、廊下を歩く私のあとを優香がついてくる。

そして、 『先生、ちょっと質問があります』 と、発情した牝の顔で言ってきた。

「岡部さん、では、視聴覚室で聞きますよ」 と、優香を連れて行く。

学校では、どこに目や耳があるのかわからないので、二人とも慎重にしている。

そして視聴覚室に入ると、二人で準備室に入り、しっかりと施錠した。

それと同時に、私に抱きついてキスをする優香。

学校内で、制服のままの優香とこんな事をするのは、恐ろしく背徳的だ。

教師……いや、人間失格だと思う。

私は、本当は優香にキスをされて嬉しいくせに、優香のマゾヒスト的な期待に応えようと、キスを冷たく振りほどき、 「見せてみなさい」 と、なるべく冷たい口調で命じた。

『は、はい、先生……』

優香は私の命令に、うわずって興奮した声で答えると、スカートをまくり上げた。

真っ白な、少女から大人へ変わる過程の伸びやかな白い足が見える。

そしてショーツには、不自然な盛り上がりがあり、ローターが的確にクリトリスの場所に収まっていたのがわかる。

優香は、スカートをまくり上げてウエスト部分に巻き込むと、そのショーツを脱ぎ始めた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]