変態教師(エロ小説/官能小説)
可愛らしい声で


私は、一人の少女に心を奪われた。

そしてまだ若かった私は暴走して、その少女と関係を持った。

少女は、初めから私に恋心を持っていた。

そして私は、少女のマゾ的な性質に気がつき、それを成長させていくことに腐心した。

その少女は、名前を優香と言った。

名前の通り、優しい顔をした、実際に心も優しい少女だった。

教師になって右も左もわからない時期も終わり、多少余裕が出てきたとき、優香に出会った。

優香よりも、いわゆる美少女は何人かいたけど、私の好みに完璧に合致するのは優香だった。

2年生など、まだ子供みたいなもの……

そう思っていたのに、その淡い胸の膨らみや、ポニーテールにしたときに見えるうなじ、

手を挙げたときに覗く腋……

すべてが、私を狂わせていった。

授業中に優香のことを見ると、高確率で目が合った。

クリクリした大きな目、それが真っ直ぐに私を見つめていた。

そんなある日、日曜の昼過ぎに、自宅近くのコンビニで優香に出会った。

あとから聞かされたことだったが、私に会えるかもしれないということで、休みの日に良く来ていたそうだ。

本棚を見ていたときに、いきなり後ろから、
『先生、なに探してるんですか?』 と、可愛らしい声で声をかけられた。

私は、エッチ系の本に目が行っていたので、かなり慌てながら振り返った。

優香のクリクリした目が、上目づかいに僕を見ていた。

私は慌てて取り繕い、世間話をした。

[次へ#]
[戻る]