安室に愛される(裏夢小説)
起きた?


「起きた?」

「あ・・・・・。」

透がニカリと笑って、自分の好きな炭酸飲料と、由梨花が飲みたかったジュースを持ってきてくれていた。

「わたし・・・・」

自分だけが意識を手放してしまうなんて・・・・

余りの情けなさに、酷く落ち込んだ。

「すごく可愛かった、お前」

う・・・・

透は、滅多にそんなコトを言ってくれないのに、・・・やたらこういう時は、褒めてくれたりする・・・

こくんと一口ジュースを飲むと、透の顔をマジマジと見やった。

「なんだよ?」

「え、あ、ううん別に・・・。」

両手を振る。なんだか最中の時は普段と違う気がしたのに、今は全くいつもの透だ。


「これって、そうだ。今日の残りじゃない?」

「そうそう。・・・遠山さんのお土産だっけ。」

「うん 和葉ちゃんっていつも私の好みがわかってくれてて −−−−−−−」

言いかけて、ハッとする。

「・・・・ちょ・・・・と・・・・・。」

「ん?」

「まって・・・・・た、たしか和葉ちゃんと服部君と青子ちゃんと快斗君が・・・・・・」

「あー・・・・寝てるだろ、さすがに。」

透が枕もとの時計を見やって、涼しい顔をしている。

そ、そんな問題じゃない!!

「だって・・・っ みんな泊ってるのにこんな事!!」

「大丈夫だって・・・絶対来ないように言ってあるから」

あー・・・それなら良かった

って!

[*前へ][次へ#]
[戻る]