安室に愛される(裏夢小説)
挿れて欲しいの?


「指?挿れて欲しいの?」

「ん・・・・・・・・・・・。」



「・・・・指じゃないの挿れたい・・・・もうだめ、俺も、限界・・・・・。」

透が、やっと自分の下着を脱いだ。

いつもと違うのは・・・そうだ、いつまでも透が裸になっていなかったこと。

どうして・・・?

なんて、考える間も無く透の体がのしかかってきた。



思った瞬間、透の熱くてとても硬い物が入口に押し当てられる。

「・・・指は、あとでたっぷりな・・・・」

耳元でとんでもないことを言われた気がして仰天するも、それが表情にまで出ているのかわからない。

「挿れるよ・・・。」

その声と同時進行で、グイッと透の熱が中に入ってきた 

その後の事は覚えてない。

意識が飛んじゃって・・・・全く。

気付いたらベッドの上。

[*前へ][次へ#]
[戻る]