安室に愛される(裏夢小説)
ヒクヒクと動いて


や・・・・だ、わたし・・・・・

解放されない快楽を体全体に溜めてしまって、その放出に喘ぐ。

まだ、透の指をくれない。

それどころか、その口付けは、再び上半身へと登り始めて・・・・


「なんでっ・・・・・」

いつもと違うの?

「なにが、なんで?」

言いながら、透が乳首をカリリとかんだ。

「っ・・・・あ・・・・・。」

「おっと。・・・・お前これでもイっちゃうんだもんなぁ・・・。」

透が苦笑しているのがわかる、うう、エッチだって思われてるんだよね。

でも・・・・だめ、なんだか・・・・・

「ねぇ・・・・」

「・・・なに・・・・?」

完全に、下半身への愛撫を止めてしまった透が

髪にキスをしながら、耳元で囁いた。

乳首が、一人で尖っているのがわかる

入口が、・・・・なに、なんだかヒクヒクと・・・・動いてて・・・・・・


イ・・・きたいよぉ・・・・・


「・・・・触って・・・・・・」

「ん?」

「・・・もうっ 意地悪しないで・・・お願い・・・・・・」

「どこに、ドウシテ欲しいかお願いしてみな。」

「・・・・い・・・・れて・・・・・ゆ・・・・び・・・・」

[*前へ][次へ#]
[戻る]