安室に愛される(裏夢小説)
っく・でる・・


もう

「で・・・る・・・そのまま動いてて・・・・」

「ん・・・・」

クチュクチュクチュクチュっ

もどかしい愛撫でも、もう、限界で

透は由梨花の体を横にずらし、自身の上半身を起こすと

由梨花の後頭部を押さえつける

「・・・・っく・・・で・・・・る・・・・・・」

由梨花の右手の根元が、ピクンと脈打ったかと思うと

押し出されるようにして・・・真白な欲望の液が・・・・・・


「・・・ぁ・・・・ら・・・・・んっ」

昨日あれだけ放出したにも関わらず、かなりの勢いで出されたその液体は

由梨花の喉の奥に突き刺さる。

「!!」

思い切り目をつぶり、それでも必死で口を離さない由梨花。

全ての欲望を出し切った後・・・・透は、申し訳無さそうにそれをユックリと・・・引き抜く。

由梨花の口の中には・・・まだ、俺のが入っていて

上手く飲み込めないようだったが・・・・こっくんとまるで薬を飲むように、一気にそれを流し込んだらしい。

ケホケホとむせるように咳をする由梨花の背中に思わず手が回る。

「だ、大丈夫か!?」

「う・・・・ん、平気だよ・・・・。」

無意識に顎に手をやって、自然に出る涙を目じりに浮かべながらも、由梨花の表情はどこかウレシそうで

「えへ。」

と、笑う。

「・・・んだよ。」

「透・・・気持ち、良かった?」

[*前へ][次へ#]
[戻る]