安室に愛される(裏夢小説)
ほら・・・咥えて・・・


奥歯をかみ締めて、なんとか快楽をやり過ごそうとするも

裏の筋に舌があたって、そのままグラインドされると・・・・

「く・・・・・・・ぁ・・・っ」

思わず腰を引く。

やばい・・・

由梨花の口からむりやり俺を引き抜き、そのまま押し倒す。

「きゃあ!」

「こんどは、俺。」

首筋に顔を埋めると、由梨花が戸惑った声をだした。

「ね・・・・ぇ・・・・気持ちよくなかった・・・・?」

「ん?」

「だって・・・途中で止めちゃうんだもん・・・・」

「そ、そんなことないよ!!

・・・・このままじゃ口の中で・・・出ちゃいそうだったから、抜いたんだよ!」

「・・・・口の中で・・・だ・・・・してほしかったのに・・・・・」

「な。」

「透が気持ちいいこと、してあげたいんだもん。」


頬を真っ赤に染め上げて、瞳に涙まで浮かべて

そんな事を言われて・・・我慢できる男がいたら、お目にかかりたい・・・


「・・・いいのか・・・・?」

「うん。」

言うや否や、由梨花と透の体を逆転させる。

透が寝転び、由梨花が上に乗った状態で

「ほら・・・咥えて・・・」

「あ・・・う、うん・・・・。」

由梨花が、下腹部に体を持っていきかけるのを、阻止する。

「足は、こっち。」

[*前へ][次へ#]
[戻る]