安室に愛される(裏夢小説)
すごくいい


今度は座ったままではできない由梨花が、半分四つん這いになって・・・透のソレを舐め始める。

長い髪を掻き揚げてやると・・・

由梨花の赤い舌が、溢れでる汁をペロペロと舐め取っていて

細く白い指は、透の根元に巻きついていて


エロい・・・・


摩擦で痛いほどだった右手部分も、由梨花がなめ取れないほどに出た液が潤滑油となり、それがまた快楽に変わる。

「くわえて・・・」

「う・・・・ん・・・・。」

由梨花があーんと口を開くと、ゆっくりと

先端部分から中央部分までが・・・・暖かくて濡れている口中に・・・・埋め込まれていく・・・・・・・

「そのま・・・・ま・・・・舐められる・・・・?さっきみたいに・・・・・。」

口の中に含まれたまま、舌で先端の穴を突かれると

痛いような痺れた感覚に、思わず息を呑む。

「っつ・・・・上手いよ・・・・・。」

「んぅ・・・・」

穴だけでなく、カリ全体が舐めまわされる。

パンパンに張っているそれは、耐えられないほどの興奮を与えられ震える。

思わず、透の後頭部に手をやって、ユックリと・・・押さえつける。

「ん!」

思わず口から引き出しそうになってしまった由梨花だったけど

ぐいいと押さえつけると、根元までが由梨花の口内に押し込まれて行って

「んむぅ・・・・」

少し苦しそうな声をあげた。

「・・・・そのまま、上下に口、動かして・・・・・・・・すごく・・・いい・・・・・」

口の小さい由梨花の、歯が当たって痛むが・・・止められない・・・

[*前へ][次へ#]
[戻る]