安室に愛される(裏夢小説)
股間に、指が伸びて


由梨花の手を取り、由梨花の部屋にいくと・・・早くとばかりに、尋ねてくる。


「で?一体なんなの?それ。」

「・・・・・。」

口で説明するのがなんとも恥ずかしいが・・・もう、止められる所にはいない。

透は無言で、由梨花の細い手首をつかみ、自分の怒張に持っていく。

すでに半分立ち上がったそれを触らせると、透が小さな声をあげる。

「な・・・・・。」

「・・・・これを、透がさ。・・・その・・・・口で・・・・・。」

「・・・・・え?」

「舐められる?・・・俺の。」

やっと意味がわかったらしい由梨花が、全身で真っ赤になる。

「う・・・・うん!そうしたら、透は気持ちがイイのね・・・?」

「や・・・・た、多分?」

「ジャ・・・じゃあ・・・・その・・・・失礼します。」

律儀に挨拶をしてくれるのが何ともおかしいが、透も緊張してきてしまって掌には汗をかいてくる。

由梨花の細い指が、透のジーンズのボタンを必死で外して・・・・

って、うわメチャクチャはずかしい!!

「や・・・その・・・自分で脱ぐよ。」

「あ・・・そ、そう?」

由梨花が俯いている間に、ズボンを脱ぐが・・・・

下着まで脱いでいいものかと・・・考える。

由梨花には、少しだけ手で触れさせたことしかない・・・おれ自身。

ベッドに腰掛けて、おいでと言うと

由梨花は俯いたまま、透の割った両足の間に座る。

おずおずと・・・股間に、指が伸びて

半達ちのそれにビクンと一瞬手を引っ込めるも、意を決したように再び触れる。

う・・・・・わ・・・・・

[*前へ][次へ#]
[戻る]