安室に愛される(裏夢小説)
ベッドで


湯船につかりながら、考える。

昨日は俺のベッドだったけど・・・・・たまには由梨花のベッドでってのも・・・・いいよ、な。


送っていくフリをして、どうか家の電気が消えていますようにと心の中で盛大に祈った。


ビンゴ

由梨花が留守電を聞いて、眉を顰めている。

由梨花の手の中にある快楽への鍵を奪い取った。


居間に入って電気を付けるなり、由梨花のサラサラの髪が鼻腔を擽った。

甘く優しい香りに、酷くいやらしい気持ちになって

思わず後ろから抱きしめて、その髪に、可愛い耳に、キスをする。


「しよ・・・。」

何も考えずに言葉が出てくる。


ピクリと由梨花が抵抗の印を見せるけど・・・我慢なんて出来るわけが無い・・・

[*前へ][次へ#]
[戻る]