安室に愛される(裏夢小説)
ちょっとまった


透.ver

ちょっとまった!!!!

コーヒーを飲んでいるところに、とんでも無い一言を言い放った由梨花の口を必死で塞ぐ。

だだだ、誰も聞いてなかっただろうな!?

キョロキョロとあたりを見渡すが、人が少ない上に皆が己の話に夢中なせいか、気づかれていないようだ・・・・

ほっとするのもつかの間、解放してやった口からは、またとんでも無い言葉が紡ぎだされた。


「そう。ね、透知ってるの?教えて、お願い!」

・・・・・・正直、何度と無く肌を重ねていた俺たちだけど。

由梨花に口を使わせた事は、一度だって、無い。

こんな上目遣いで懇願されりゃ-・・・俺だって男だし?正直心がぐらつくけど。

なんつーか・・・嫌、なんだよな。

由梨花がなんか汚れてしまうような気がして。

「・・・そんな事、知らなくていいんだよ。」

それにしてもストレートな言葉に顔が赤くなる俺に、由梨花がむくれる。

・・・なんだってソンナ事したいんだか・・・・

って、いや、どういうことなのかもシラないんだもんなぁ・・・・

本当に、由梨花は純粋だ。

そんな由梨花を・・・俺は、いつも独り占めして、よがらせて・・・・

やべ

昨日あれだけ由梨花の事を離さなかった俺だけど・・・まだ、足りない。

早く2人きりになりたい気が急いて、何を食ったのかも覚えていないほどに、足早にその場を後にした



[*前へ][次へ#]
[戻る]