安室に愛される(裏夢小説)
フェラチオ


「ど、どーしたんだよ!?」

「しらないっ!」

恥ずかしさでどうしようもなくなってそっぽを向くと、透の携帯が鳴った。

舌打ちをしながらそれをチェックすると、どうやらメールだったみたいで。

それをジッと凝視すると・・・頬を急にそめて、口の端を上げる。

「だ・・・れ?」

「黒羽。」

ただ、ニヤリと笑った透の瞳は・・・・何かを企んでいる色だった。
「な・・・・さっきの・・・・さ。」

「え・・・?」

「さっき言ってたヤツ。」

「あ・・・うん、フェラチ・・・・なんだっけ」

「・・・フェラチオ、な?」

透の声が、なんだか随分色っぽい。

「・・・・教えてあげよーか・・・。」

「ほんと?透もやっぱり知ってたのね?」

そして、透の喉がゴクリと鳴った気がした。

[*前へ][次へ#]
[戻る]