安室に愛される(裏夢小説)
下着を下ろされて


透の腕が、今度はスカートの中に入ってきた。

「きゃ!」

「・・・このままな・・・。」

ユックリと、下着を下ろされて・・・・

・・・そ・・・のまま・・・・


「ぁあんっ」

背後から手を回されて、中心部を擽られる。

「腰、突き出してみ?」

「で・・・きないよぉ・・・。」

「こーやるんだよ。」

腰ごと後ろに引かれて、そのまま、スカートを捲し上げられて

「・・・いやぁ・・・・。」

透が立てひざをついて・・・後ろから・・・・

ピチャピチャと音を立てて・・・・舐めて・・・・・

「だ・・・・めぇっ はぁんっ あっ ああぁああんっ き・・・たないよそん・・・・なっ」

必死の抵抗も、全く聞いてくれない・・・

舐めながら、透の長い指がゆっくりと埋め込まれて −−−

普段と違う角度からの挿入は、刺激される部分が違うのだろうか

入った途端に・・・・

「・・・・!!!ぁあん!!!」

「!!」

ガクガクと膝の力が抜けて・・・・そのまま床にペタンと正座してしまう・・・・

「びびった・・・お前、感じすぎ・・・・・。」

透が、自身の指をペロペロと舐めながら笑う。

「も・・・・ば・・・・かぁ!」

カンジテル・・・恥ずかしいのに、透はこんな意地悪ばかり、言う。

押え切れなくなった感情が表に出て、涙がポロポロ出てきてしまって

[*前へ][次へ#]
[戻る]