安室に愛される(裏夢小説)
鍵を奪い取る


「電話してみろよ。」

「・・・・・・あ、留守電入ってた。」

携帯を取り出すと、留守番電話の表示。

「なんだって?」

「ちょっと待って・・・・」

「今日は食事会があって帰るの遅くなる?」


透が由梨花の手から鍵を奪い取る。

「というわけで?今日は由梨花の部屋でゆっくりと・・・な?」

「・・・・・・・。」

透が下手な鼻歌を歌いながら、家に鍵を差し込んで、2人して居間に入る。

[*前へ][次へ#]
[戻る]