安室に愛される(裏夢小説)
上目遣いでにらむと


さっき快斗君が耳打ちしてくれた言葉、わからなかったら透に聞いてみなって言ってたんだけど・・・

なんの単語なんだろう?

「セラ・・・ううん違う。フェラ・・・だったかな・・・?」

「・・・・・・ん?」

「あ、そうだ思い出した フェラチーーーーー」

やっと思い出した私の口を、透が真っ赤な顔をして押えた。

「おっ おまっ お前なにをっ・・・・!!!!」

キョロキョロとあたりを見渡して、零してしまったジュースも拭かずに口を押さえつけてくる。

な、なんなのよっ

「・・・黒羽に、聞いたのかよ・・・・」

ぶっ殺す・・・ととんでもない事を呟く透。

やっと手を離してもらい、口が自由になった由梨花。

「そう。ね、透知ってるの?教えて、お願い!」

両手を合わせて懇願する私に、透は頬を真っ赤に染めてため息をつく。

「・・・おまえはそんな事、知らなくていいんだよ。」

「・・・なんでよ。」

上目遣いでにらむと、透は益々顔を真っ赤にして

「・・・帰るか。もう遅いし。」

時計を見やりながら、そう言った。


[*前へ][次へ#]
[戻る]