安室に愛される(裏夢小説)
はずかしいよおぉ


あははと笑う和葉ちゃんと青子ちゃんは、目が点になっていて・・・

うう、はずかしいよおぉ・・・

「ほんっと透君も我慢の足らない男だよねぇ・・・ま、しかたないか♪こんなナイスバディの彼女ができちゃねぇ?」

ニシシと笑う園子に・・・ちょっと、戸惑う。

そんなんじゃ、無いのに・・・・

少し表情を曇らせると、突然携帯がなった。



『由梨花!?』

「あ、透。事件もう終ったの?」

買い物もう終わった?とでも言うような感覚が悲しい・・・

『そこで待っててって言ったでしょ!!』

「・・・あんたね、今何時だと思ってんのよ・・・・」

『え?何時って・・・・・・・・あ・・・・』

「せっかく久しぶりに皆で集まったのに?まさか外で2時間も待ってろとか言うんじゃないわよね?」

『・・・・・どこにいるの、今。』

「ケーキ屋さんだよ。この前テレビでやってたところ。」

『わかった。・・・2人も一緒だから、すぐ迎えにいく。』

「うん。」

携帯を切ると、みんながニヤニヤと笑って由梨花を眺めていた・・・。

[*前へ][次へ#]
[戻る]