安室に愛される(裏夢小説)
ホックを外され


流れでる・・・由梨花の中から、どんどん、エッチな・・・・

ブラのホックを外されて、全てを取られると

「・・・目、あけて」

透からの指令が,飛ぶ。

透の綺麗な蒼い瞳が、由梨花を優しく眺めている

恥ずかしい・・・

思わず目を背けてしまう、だって・・・きっと、私

すごく変な顔してるし

顔ごと背けたので、今度は耳に透の舌が這う。

側線をなぞって、チュっと音を立ててキスされて

好きだよ・・・

甘い囁きと一緒に、熱くて柔らかい吐息が吹き込まれると

「ん・・・・・・」

くすぐったさと甘酸っぱさに、また、思わず変な声が出てしまう。

透の手が、ブラのホックを外して上半身が露になって

「だめぇ・・・・。」

由梨花の制止も空しく、透の右手が胸に伸びてきた

ゆるゆると、それを揉まれたかと思うと、今度は強く強く、痛みを覚える直前までもみしだかれて

乳首をキュウっとつままれて、先端をくすぐられる。

「あぁっ・・・んっ」

思わず声が漏れるのを阻止しようと、自分の手の甲に噛み付くと

それを優しく外された。

「隠すなよ。。。。可愛い、顔。」

「やだぁ・・・・・。」

腕をシーツに押し付けられた状態で、透の湿った唇が、外気をあびて少し冷たくなった由梨花の体に這う。

乳首の周りを、透がユックリと舐めまわして

[*前へ][次へ#]
[戻る]