安室に愛される(裏夢小説)
ほんま仲えーなぁ


各々が買い物を済ませ、美味しいと評判のケーキ屋さんにやってきた。

可愛し、あんまり甘くないから・・・

透にもお土産に買っていこうかな♪

みると青子ちゃんも快斗君のタメに大量のケーキをテイクアウト注文している・・・って、そんなに??



「それにしても由梨花ちゃん・・・・す、すごいね。」

そんな可愛い青子ちゃん見ていたら、青子ちゃんが私をみて頬を染める。

「え?」

「あ、ほんまや。・・・ココとココ、あ、ココにもついてる・・・。」

今度は和葉ちゃんが、私の首筋を見て頬を染めた。

ーーーー?

なんだろう、と思い鏡を出すと・・・キキキ,キスマークがっ

「!!!」

思わずそれを手で押えても、もう遅いんだけど・・・て、ゆーか

涙目になって園子を見ると、涼しい顔をしてアイスティーを飲んでいる。

「知らないのあんただけー。私たちは見慣れちゃってるからねぇ。

影で昨日の晩は透のヤツ随分つけたなーとか?言われてんのよ。」

「う、うそ!!やだ教えてよぉ!!」

「だってー・・・ほんと、毎晩のように増えるんだもん・・・・。」

も・・・・もう!!

信じられない!!!!

透は、いつも服の下だから大丈夫って言うのに・・・い、いつのまに付けられていたんだろう・・・?

「あ、これは昨日の晩に付けられた痕ねー・・・てゆか、あんた達・・・和葉ちゃん達泊まってんのに・・・なにやってたのよっ」

「ななな、なんにも!!」

「ほんま仲えーなぁ・・・。」

[*前へ][次へ#]
[戻る]