安室に愛される(裏夢小説)
焦らせば


「焦らすんだよ。お前どーせ押せ押せなんだろー?それじゃ女の子が受身一点になるに決まってんじゃん?」

「・・・・・。」

「だからぁ。由梨花ちゃんがイきそうになったところで止めちゃったり。普段触ってる所ワザと触れなかったり?」

「うーん・・・。」

「透がそんなに我慢できるわけ無いやん?」

「ちょっと!・・・。」

服部をにらんでやると、黒羽が笑う。

「そりゃ一回目や二回目ではきついだろうケドね。・・・どーせお前、一晩で何回もヤッテンでショ。」

「・・・・焦らせば・・・強請ってくれるのかなー・・・・。」

うわ、なんだかピンクな妄想と、妙にちゃんぽんしてしまったアルコールで

頭が上手く回らなくなってきた。

「やってみる価値ありかもねー?」


「なんの価値があんのん?」

「おぅわ!!!」

いきなり話に入ってきた和葉に、大いに驚いた男性陣。

「コソコソと・・・イラン話でもしてたんやろ。」

「我慢とか・・・ネダルとか・・・なんの話?」

詰問されそうになった時・・・天使が、鈴を転がすような声でタダイマといって、帰ってきた。

いや、生贄というべきか・・・?

そしてこの、夜。

透たちの熱い夜は、やはり留まることを知らなかった・・・

「・・・・おやすみv透」

「おやすみ由梨花」

行為を終えて、由梨花の頬にキスを送る。

明日は今日のメンバーに加えて園子も一緒に遊びに行く予定だという、由梨花。

流石に徹夜させるのも、可哀想だよな。

とか、思ってたんだよな・・・・由梨花のいるベッドに潜り込んで、その綺麗な裸を見るまでは。

ちらりと目に飛び込んでくるソレは、あまりにも細くて、白くて、女性らしかった・・・・


あー!!だめだやっぱり我慢でないー!!!

「・・・・もう一回・・・・。今度は指でいっぱい・・・な・・・?」

先ほどのオネダリを思い出す。

指・・・・挿れて欲しいなんて女の子から言わせといて

挿れないまま終るなんて

「ちょ・・・・・んっ」

思い切り唇に噛み付いて、舌をねじ込む。

そして今晩4度目の情事に・・・・溺れていく。

[*前へ][次へ#]
[戻る]