安室に愛される(裏夢小説)
オネダリ・・・・?


これも、酔いのせいかもしれないのなら、酒はやはり控えたほうが身の為だと後悔しても

・・・もう、遅かった・・・

「お!なになに?恋のお悩み相談室??」

「聞かせろや!お前でも悩みとかあんの??」

目敏すぎる・・・本当に、一言言っただけなのに

・・・だけど、ここは他人の意見も・・・聞いておくほうが、良いのかも知れない。

彼女達が、まだ片づけをしているのを確認してから、その一言を切り出した。


「あのさ・・・彼女って。・・・その・・・・自分から求めてくることとかって・・・あるわけ?・・・。」

「・・・・・なに、由梨花ちゃんが自分を求めてくれないって・・・拗ねてんの。」

「・・・・あの恥ずかしがりやな姉ちゃんやったら・・・そりゃ自分からしてくれとは言えへんやろー??」

「・・・・そりゃそーだけどよ・・・なんてゆーか・・・俺だけがシタイとか・・・思ってんじゃないかなって・・・おもって・・・。」

そう

最近、時々思うこと。

毎晩のように肌を重ねているけど、

「なんかさ・・・ヤダ・・・とか?最中によく言うんだよ・・・・。」

グイとビールを流し込む。

「じゃあさ、一回由梨花ちゃんからオネダリさせてみたらいーんじゃん?」


「オネダリ・・・・?」

「どーすればいい?」

聞きなれない言葉に首をかしげる透と、同様にわからない様子の服部。

[*前へ][次へ#]
[戻る]