安室に愛される(裏夢小説)
イチャイチャ


由梨花は、まだ来ない。

先ほど家に電話があり、ここに来れるのは九時過ぎるとのことだった。

服部と黒羽の彼女もココに泊ると聞いて、大喜びの様子で私も泊ると言ってきた。



大方食事が済んでしまって、「コレは由梨花ちゃんの分!」と律儀に由梨花の分を確保してくれていた女性陣が

食器を片付けにキッチンに入っていく。

「・・・お盛んだねぇ・・・。」

それを見送ると、快斗が透の首筋を見やりながらにやりと笑う。

「なにが?」

「この傷跡は・・・内出血やな。痕の大きさからして、犯人は女や。鎖骨の下に一つポツンと・・・

酒飲んで血の巡りがよおなったんで浮き出てきたんやな・・・。これは、もしかしたら他にも色んな所に付けられてるかもしれん・・・

透!ちょお服脱げや!!」


悪ふざけをしている服部の後頭部を思い切り殴りつけるも

・・・・しまった・・・昨日の・・・・・

由梨花に無理やりねだってつけさせたキスマーク・・・今朝シャワーを浴びていた時には全く気づかないほどだったのに

・・・酒、飲むとき注意しねーと・・・

目敏い2人に見つけられ、その彼女達にまで見つかったら・・・由梨花になんと言って怒られるかわからない・・・

恐ろしいほど高速の回し蹴りが飛んで来ることも確実だ。

「・・・言うなよ。」

シャツのボタンを一つしめておく。

「・・・言いやしねーけどね・・・お前・・・いいね、この世の春ってかんじ?」

「・・・・いーだろ別に・・・。」

「よお無いっちゅーねん・・・・イチャイチャイチャイチャお前らはホンマ・・・・。」

「イチャイチャって言ってもなー・・・・。」

思わず、少し悩んでいたことが口をついて出てしまった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]