安室に愛される(裏夢小説)
ほんっと限界


きゅううと、中全体が締まる。

うわ、

だめだもう・・・ほんっと限界。

「・・・・一緒にイこ・・・・・。」

正確には、由梨花を少し先にいかせてやる、

恐ろしい程に締め付けられる中に入れ込むのは、はっきりいって最大の喜びでもあったりする ・・・。


そして今晩3度目の放出が終わった後、由梨花は完全に意識を手放していた・・・。




クタリと透のベッドに眠り込む由梨花の、頬に、耳に、髪に

なんどもキスをして、立ち上がる。

意識を失うといっても、ほんの数分だ。

一度は必ずおきて来る由梨花のために、冷蔵庫から飲み物をもってこよう。

・・・喉、渇いてるだろうからな・・・

思わず頬が染まる。

・・・今日も無理させちまったよな・・・


今日の行為が、いつもと少し違ったこと・・・

こいつは、気付いているだろうか?

冷蔵庫から飲み物を二本取り出し、部屋に戻る。


その動機がなんであったかとか

そもそも事の始まりはなんであったのかとか

今日の出来事を思い出しつつ、コーラの蓋を開けた

[*前へ][次へ#]
[戻る]