安室さんと変態行為(裏夢小説)
上半身裸で写る男女


「そうだ、じゃあお互い大丈夫なように、お守りをつくろうか?」


そう言うと安室は思い立ったように、起き上がり自分の携帯電話を取り出した。


首をかしげる由香里の肩を抱き寄せ、携帯カメラのレンズを自分たちに向けた。


「ほら、笑って、由香里」


意図を察した由香里は、安室に顔を寄せ、一生懸命笑顔をつくる。


カシャ。おもちゃのようなシャッター音が響く。


「おし!よく撮れてる。これを俺も持ってるし、由香里にも送ってあげる」


安室はすぐに携帯を操作しメールを送る。


ほどなく、由香里の携帯電話が着信を知らせる。


由香里も携帯を取り出し、メールを確認する。


「お守り大事にしろよ!」


添付されている、上半身裸で写る男女。


『あたしと由香里さん・・・』


由香里は声には出さなかったが、相当に嬉しかった。



大事そうに携帯を握り締める由香里に、安室がさらに語りかける。


「由香里のこと忘れないように、もっとお守りつくっておきたいな」


不思議そうな顔をする由香里に安室は携帯カメラを向ける。


「由香里の全部を持っていきたいんだ」


戸惑う由香里にさらにたたみかける。


「由香里の裸を撮らせて欲しい」


由香里は意外だった。真面目で、どちらかといえば性に対して淡々としていると思っていた安室が、そんな大胆なことを言い出すとは。


それだけ、愛されている。自分を必要とされていると思えた由香里は、それでもまだ不安げに問うた。


「どう・・・すればいいの?」


安室は、安心したような穏やかな笑みを浮かべそれに答える。


「立って。まず全身を撮らせて。」


由香里は、その声に操られるように立ち上がり、なんとなく気をつけの姿勢を取り、安室を見つめ返す。


カシャ。壊れやすい何かをつかまえるように、ゆっくりと安室はシャッターを押していく。

[*前へ][次へ#]
[戻る]