銀魂裏恋(裏夢小説)
土方:激裏注意。2


目が覚めると、
見覚えのない天井が視界に入ってきた。
……あれ、あたし。
昨日はどうしたんだっけ。



たしか…昨日は近藤さんの気まぐれで、秋祭りに行ったあとに屯所で宴会が開かれて………
あたしたち女中はお酌したり、お酒の肴を出したりして……


……土方さんに、お酌をしたときに
『……あんまり、騒いで飲む気分じゃねぇんだよ……部屋で飲むから、相手してくれねぇか?』

……って、誘われて。



こっそり二人で抜け出して……

ぽつりぽつり、会話をしながらお酌してたら、
『お前も飲めよ』
………って勧められて、それから………


…………それから?



………だめだ。思い出せない。







だんだんと、意識がはっきりしてきて。

妙なことに気が付いた。


………この部屋、窓がない………?


部屋の隅についているロウソク以外には、
灯りがなく………薄暗い。

「………」
おかしい。

今あたしがいるのは。


土方さんのお部屋ではないし、


さっぱり検討がつかない。

…………そもそも、ここは屯所の中なのだろうか……?

[*前へ][次へ#]
[戻る]

[小説ナビ|小説大賞]