銀魂裏恋(裏夢小説)
土方:切→甘。5


ピチャッ…ピチャッ……




「………?」
前方から、足音が聞こえた。





ピチャッ……




足音は、あたしの前で止まった。




ぼやけたままの視界に、人影。




口許に、オレンジ色のちいさな光が灯っていた。




そして……雨の匂いに混じって微かに煙草の香り。




目を、擦って視界を晴らすと。




そこには、傘をもった十四郎がいた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]