銀魂裏恋(裏夢小説)
退:甘裏。10


「…美穂ちゃん…………」


角度を変えて、一番イイところに擦りつけて。


腰を目一杯使って深く、深く打ち付けて。


「はぁ!!ッぁあ!!…さが…」






「…愛して……るよッ……」






ギュッッ!!!
ビュクッ!!!




俺が精液を発したのと、美穂ちゃんがイッたのは殆んど、同時だった…………。



ハァ………ハァ……

どっちから漏れているのかわからないくらい、同じくらい荒い呼吸をして。



ギュッと、同じくらい火照った体を絡ませて。




「……愛してる……」
独り言漏らすように、囁きあって。




本当に、俺と美穂ちゃんは溶けあってひとつになったんじゃないかな……



なぁんて、馬鹿なコト考えながら。




俺はそのまま深い眠りに落ちていった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]