銀魂裏恋(裏夢小説)
退:甘裏。9


ギュッ………



美穂ちゃんが俺にしがみついてくる。



ピタリと、触れている肌が火照っていて、しっとりと熱くて。



俺と美穂ちゃんが繋がってる場所が、ドロドロで熱くて。






このまま、二人とも溶けていっちゃいそうだ…。



「ふぁぁッ!!はぁッ…ひぁっ…ッ!!」


美穂ちゃんの、背中に回した手に力が入った。


……痛たた……爪、食い込んでる……



「…ンンっ…ハッ…駄目ェ!!…イッちゃ……」



美穂ちゃんの顔は、ぼうっと熱に浮かされたように蕩けていて。


潤んだ目から涙がつぅッと一筋流れたのを、舌で拭ってやった。




「イって、…いいよ…!!」




俺も、そろそろ限界なんだよね………




じゃあ、そろそろ。
ふたりで融けてしまおうか………

[*前へ][次へ#]
[戻る]