銀魂裏恋(裏夢小説)
退:甘裏。8


「……いいよ、そんなこと心配しなくて……それに」


俺は美穂ちゃんの手をどけて、覆い被さった。
グチッ……
「……んッ…」



入口に押し当てると濡れた音に、濡れた声。

「………これから、気持よくさせてもらうから、ね。」




ジュプッ!!
「…はぁんっ!!」


「……熱っ……」




中、最高に熱くて。
ヌルヌルで。
締め付けてきて。




「…やば……」
すぐに、イッちゃいそうになったけど。







ここは、男として頑張らなくちゃいけない……
………よね。






「動くよ…」





ジュプッ…ジュプッ…






最初は、ゆっくりと。



「ん…はぁ…」



ヌプッ!!グチュッ!!
次第に、激しくッ……

「あっ!!…あぁぁ…退ッッ」

[*前へ][次へ#]
[戻る]