銀魂裏恋(裏夢小説)
退:甘裏。7


「あッ…ぁあ…」


「……気持いいの?」




「…すッ…ごく…っ……あァ!!…イっ……く……」


きゅッと、美穂ちゃんの中が痙攣して俺の指を締め付けてきた。


「はぁ……ぅ」
目元をうっすらと涙で濡らして、美穂ちゃんはぐったりとしている。





息が、かなり上がっていて胸を上下させていたから
俺はギュッと抱き寄せてやった。




しばらく、そうしていると美穂ちゃんの荒い呼気が収まった。





「…あたしばっかり、よくなっちゃって………」



そういいながら、美穂ちゃんは俺の肉棒に手を置いた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]