銀魂裏恋(裏夢小説)
退:甘裏。6


「……はいよ。」
シュルリ……
美穂ちゃんの身に纏っていた最後の一枚…………パンツを下ろした。



クチュッ…
軽く押し当てただけで、俺の指は美穂ちゃんの中に入っていった。
「んッ!!……」
「…すっごい、濡れてる。いつから?」

じゅぷっ……じゅぷっ……

指をゆっくり動かすと、愛液が溢れだした。
「…キス…された…時から…んンッ……ハァッ」

中に入れる指を二本に増やすと腰がびくり、と揺れる。
「マジで?……早いね」


「…ひぁぅッ…だぁ…って…退が…ンァ…エッチな……キス…するからぁ………んッ!!……そこ駄目ッ……!!!」
親指を使ってクリトリスを撫でた途端、美穂ちゃんの声が上擦った。

[*前へ][次へ#]
[戻る]