銀魂裏恋(裏夢小説)
退:甘裏。5


今の俺、幸せすぎじゃないのか?

てか、美穂ちゃんこんな風なこと言ってもらえるなら。




いくら副長に怒られても、隊長に濡衣着せられても平気な気がする。


………なぁんて、ね。






「…美穂ちゃん…」
「……ん?」


「大好き。」


チュッ……




俺は触れるだけのキスを落とした。



ゆっくりと、顔を離すと美穂ちゃんは恥ずかしそうな、困ったような顔付きをしていた。





「……ねぇ……」




「…なに?」



「…シて?……………さっきの…続き………」

[*前へ][次へ#]
[戻る]