銀魂裏恋(裏夢小説)
退:甘裏。4


「は…ぁん…」
胸の先端を、柔らかくなぞるように舌先で擽ると
美穂ちゃんは熱い息を漏らした…


…耳元にかかって思わずドキッとするくらい、息遣いはいやらしい。




「胸、弱いね」




空いていたもう片方の胸は、手で愛撫してあげた。



「…ぅ…ん…はぁぅ……ん…あ…ぁ………」

体を少しよじりながら、美穂ちゃんはさっきよりも大きく、甘い鳴き声をあげる。




胸だけで、こんなに感じるなんて…





「そんなに、いいの?」






美穂ちゃんは、ゆっくと、頷いた。






「…さが……る……の触るとこ……全部、良いの……」



少し、はにかんだような顔で美穂ちゃんが言った。





………俺、このまま死んじゃってもいいや。

[*前へ][次へ#]
[戻る]