銀魂裏恋(裏夢小説)
退:甘裏。3


もっと、美穂ちゃんの可愛いところが見たくなって、俺は鎖骨の辺りにもキスを落とした。



「だってこれで、みんなわかるでしょ?」

「へ……?」






「……美穂ちゃんが、俺のモノだって。」


にこり、としながら言ってやると。
途端に、真っ赤になる美穂ちゃんの顔。




「…な…なな…な…な………」
壊れたラジカセみたいに、同じ言葉だけ繰り返してるその唇を、奪ってやる。






本当に。
本当に可愛くて。



「………美穂ちゃん愛してる」


使い古した言葉しか、言えないけど。
これが、俺の本当の気持だから……



もっと、愛させてよ?

[*前へ][次へ#]
[戻る]