銀魂裏恋(裏夢小説)
退:甘裏。2


「さ…がる…大好き…」




そんな、甘えた声ださないでよ。
俺、止められなくなっちゃうよ?





首筋に、顔を埋めてついばむように口付ければ甘い声があがって。



調子に乗って強めに吸い付くと、俺が口付けた場所に赤い痕が、いくつも付いた。






「…やだ……痕つけちゃ……」
潤んだ瞳で、美穂ちゃんはイヤイヤした。
「どうして?」






「誰かに…見られたら……どうするのよぉ…」




顔真っ赤にして、そんな風に言っても誘ってるようにしかみえないんだけど…



俺って、ちょっと意地悪かな。

[*前へ][次へ#]
[戻る]