銀魂裏恋(裏夢小説)
沖田:激裏、目隠し。7


美穂にぶちまけてしまった精液を始末して、着物を着せてやった。
完璧に眠ってるから、俺はこのままそっとしておくことにした。

……寝顔可愛いねィ。



それに、イきそうで悶える顔も………








たまには、目隠しもいいけど。
やっぱり、俺は顔が見える方がいいんでさァ。



今度は、どういうセックスにしましょうかねィ。

[*前へ]
[戻る]