銀魂裏恋(裏夢小説)
沖田:激裏、目隠し。6


グチュッ………
秘部に押し当てられたのは、さっきまであたしの口の中にあったモノなのに。





もう、固くなってる……





「…………入れますぜ?」


ズブッ!!



「あぁっ!!!」
重量感のあるソレは、いっきにあたしのなかに入ってきた。
「ひぁ…そぉごッ!!あっ…ん!」





最初から激しい……!!



グチャ!!グチャ!!

あたしは総悟にしがみついた。
「あッ…ぁああ……総悟ォ」
そうしないと、このままどこかに落ちてしまうような気がした。

「…もっと、乱れなせぇ…」
総悟の指が、あたしの秘部の突起を撫でた。
「ひぅっ!!っあ、やぁ!!」体に、電撃が走る。





嗚呼、もう。







「…そぉごッ…イッ…ちゃ…!!!!!」

途端に、目の前が真っ白になって。
あたしは、中で総悟のドロリとした液体が吐きだされたのを感じながら、意識を失った………

[*前へ][次へ#]
[戻る]