銀魂裏恋(裏夢小説)
沖田:激裏、目隠し。5


「…うっ…そろそろ……出しやすぜ………」
総悟はあたしの頭を、ぐいと押さえ込んだ。
「…美穂…全部、飲んでくだせェ…よ…ッ!!」



ビュルビュル!!
口の中いっぱいに、ドロッとした液が広がる……


………ゴクン。




あたしは言われた通り、一滴残らず飲み干した。



「ちゃんと、飲めましたねィ………ご褒美やりまさァ」


シュルリ……
「………あ」
目隠しが、はずされた。




「……美穂のイク顔、ちゃんとみたいんでねィ………」


そういって、総悟はにやりと笑った。

[*前へ][次へ#]
[戻る]