銀魂裏恋(裏夢小説)
沖田:激裏、目隠し。2


耳元に囁いたのは聞き覚えのある話し方。




「そ…総悟!?」


「ちょっといたずらしてやったんでさァ。たまには、こういうのもイイものじゃないですかィ?」





ヌルリと、総悟の舌があたしの耳を這った。
「ひァ!」
「感度、いつもよりいいんじゃないですかィ?」







見えないから、なにされるか全然わかんなくて。




………怖い、という気持ちもあるけれど。





それ以上に、あたしは興奮していた。


………あたし、すっごいMかも。

[*前へ][次へ#]
[戻る]