銀魂裏恋(裏夢小説)
沖田:激裏、目隠し。1


「ん…ふぁ良く寝た…………?」
非番だったあたしは、部屋で昼寝をしていたのだけれど。




目を開けたはずなのに、
目の前は真っ暗で。


「………なに、こ」
グッ








急に強い力で抱き寄せられて、あたしは誰かの胸の中に収まった。









「…へ……ちょ…ちょっと!?」




なにがなんだかわからない。

「……怖いんですかィ?目隠しされて、目が見えないってェのは」

[次へ#]
[戻る]