銀魂裏恋(裏夢小説)
土方:激裏注意。6


「…か、帰らせてください!!」

あたしが、土方さんを押し退けようとすると、
その両の手を、土方さんの左手に容易く掴まれた。

「痛ッ!!」

「美穂……、返すわけねぇだろ…」

そのまま、頭の上の床に押し付けられて。


ガチャッ……


手首に、
ひんやりとした金属の感触が、
した。


それは紛れもなく


手錠だった。

「…お前は俺ン物だ………」


左手は、あたしの手を押さえたままに
土方さんの右手が、あたしの着物の中に侵入してきた。

「…嫌ァ!!!!」


さしこまれた手は、あたしの胸の突起を指で弄ぶ。

「いや、じゃねぇだろ?固く尖らせてるくせに……」
「…っひ……やめて……くだ…さい……ふァ…」

イヤなのに。
体は、土方さんの指に敏感に反応してしまう…




「ンァ…ぁひ…」
「感度好すぎだろ…」


土方さんが、耳元に顔を近付けた。

「……下の口も、こんなに敏感なのか?」


「!?…そんなことっ…」
あたしは、顔が真っ赤になった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]

[小説ナビ|小説大賞]