銀魂裏恋(裏夢小説)
土方:激裏注意。4


キスのあまりの激しさに、あたしは耐えきれなくなってむせた。



名残惜しそうに、土方さんの唇は銀糸をひきながらはなれていった。
「…ゲホッ………土方さん……どうして……?」



土方さんが、耳元に顔を近付けた。
「……美穂のこと、愛してるからに決まってんだろ?」


………え?


………愛、して、る…?

「……お前が、他の男にとられるなんて堪えきれねぇんだよ………だから、ここに閉じ込めて、俺だけのものにしてやる……って、昨日決めたんだよ」


…………
…………………え?

あまりにも、非現実的な発言……
愛してるから、閉じ込める……?

横目で、土方さんの顔を見ると………

浮かんでいる表情は、


ぞっとするくらい妖艶で、危険な香りのする笑みだった。

「……あぁ、美穂、お前ここがどこか知りたいんだったなぁ……教えてやるよ…



…ここはなぁ、屯所のなかの『詰問部屋』だぜ……『拷問部屋』っていうやつのほうが多いけどな…」

[*前へ][次へ#]
[戻る]

[小説ナビ|小説大賞]